居抜き物件 売りたい

 

いわゆる“居抜き物件”。内装や暖房器具などが可動していれば高く売れるのでしょうか。

 

“居抜き物件”は最近増えてきております。

 

あたらしく出店する側は内外装工事費が少なくてすむ掘り出し物です。
閉店する側にとっても設備を処分しなくてすむのでありがたい話なのです。

 

「移転先は決まっている。現状維持でできるだけすぐに売りたい」
「初めての売却で不安・・」
「まだ設備にリースが残っている・・」

 

いろいろなご事情があるでしょう。

 

居抜き物件の場合はプロの目からみた相場を知ることがはじめの一歩です。

 

“居抜き物件”は素人では判断はむずかしい?

 

前オーナーにとっては価値があると思われるものでも、
専門業者に確認したら、
「結局、解体しなければならなかった。
廃材費用なども上乗せされてしまった。」

 

ということにもなりかねません。

 

“居抜き物件”であることを伝えた上で複数の不動産業者に査定してもらうことが必要です。

 

お客さんを知っているのは不動産業者だからです。

 

スケルトン物件にする必要はあるのか?

 

内装設備を取り除いた状態の物件を“スケルトン物件”といいます。
新たに買い取ったオーナーは室内の内装〜設備などの工事からはじめます。

 

スケルトン物件は自由度はありますが、現状維持の“居抜き物件”のままの方が
価値を見出してくれる業者がでてくる可能性が大です。

 

「居抜き物件をすぐに売りたい」とあせらずに、複数のプロに査定してもらいましょう。

 

からなず複数の専門業者に現地調査を依頼した上で査定をしてもらってはいかがでしょうか。

 

>>簡単60秒で複数業者に査定依頼する