工場 売りたい

 

「近くのメーカーが生産を縮小してしまった」
「父から相続した40年前の古い倉庫や下受け工場を売りたい」

 

いろいろなご事情があると思います。

 

工場を売りたいときは動く金額も大きくなります。
比較的敷地面積も広くなればなおさら高値となる傾向になります。

 

特に機械部品の製造工場であれば、
設備も含めての査定を取ってくれる業者と取引したいものです。

 

しかし、使わなくなった物件は固定資産税がかかってきます。
すぐに売却をすすめる家族もいることでしょう。

 

ご家族のお気持ちもご察しもうしあげますが、
今ある土地と建物と設備に最大の価値を見出してくれる
主とめぐりあうには時間が必要です。

 

買う主によって価格も異なってくるのが工場です。

 

普通の方が不動産に係るのは人生の中で少ない回数しかありません。
ご不安はあるでしょうが、
設備も含めてできるだけ高く売るには、プロに依頼するのがいちばんです。

 

信頼できる大手と地元密着型の業者と3〜4社の見積もり査定を一括依頼してみてはいかがでしょうか。

 

インターネットを使えば、簡単に複数の会社の正確な査定を受けることができます

 

>>いっきに解決!!一括査定はこちら

 

 

自分で独自に買主を見つけると何か問題は起こるのでしょうか

 

ご自分の名義の工場であれば、
ご自分で買いたい人を探すことも違法ではありません。

 

「隣地と境界で揉め事がなかった」
「埋設物調査をきちんとしている」

 

後々問題が発生しないように、
きちんと確認をきちんと行なった上で
個人売買をしたほうがベターです。