温泉権 引湯権 売りたい

 

ホテルや旅館を廃業して温泉権を売るには?

 

昨今の海外からの旅行者ブーム。
ホテルや旅館が足りていません。

 

特に海外の旅行者にも温泉は大人気です。

 

廃業はもったいないです。

 

政府もラブホからのホテルへの改装を奨励してます。
(補助金などもあるようです)

 

温泉権のついたホテルや旅館をリフォームして再活用してくれる
オーナーに売ることもお考えになってはいかがでしょうか。

 

不動産会社は地元に強いところだけでなく、
大手も買主の太いネットワークをもっています。

 

法的なことも含めて不動産屋はもちろん、
管轄の行政機関にも問い合わせしながら、
時間をかけて売り先を探してみてはいかがでしょうか。

(無料)複数の会社に一括査定できるサイトもありますので、
ご参考にてみてください。
↓↓↓
>>いっきに解決!!一括無料査定はこちら

 

正確な相場がわかります。

 

 

温泉権は一攫千金の権利

 

温泉宿を経営しているならば、温泉権や引き湯権をもっています。
これは土地の所有権とば別になっています。

 

自然に地中から湯が湧き出す場所から、
温泉を引くまでにボーリング施工をしてお金をかけたりした温泉、
何百年も前から湯治湯として歴史のある温泉もあります。

 

温泉権は厳密には債権となっていますが、
あくまでも温泉の利用を許可された権利となります。

 

もっとも価値のある権利でるのは
温泉が出るところを直接管理できる(温泉権)です。
汲み上げることができる権利は(湯口権)といい、
温泉権を持っているひとから配湯しわけてもらう(引湯権や分湯権)
などもあります。

 

温泉権を売りたい人は非常に大きな額の交渉になることが多いです。
ホテルや旅館では温泉を売りにしている業界が多くあり、
一攫千金の権利といわれているのが温泉権です。