畑 田んぼ 売りたい

 

畑や田んぼをできるだけ高く売りたい!どうしたらよいでしょうか?

 

「祖先から受け継いできた大切な畑。ちゃんとした人に売りたい。」

 

農家さんのお気持ご察しもうしあげます。

 

新規就農者に畑と田んぼを売る

 

今、都会から30代〜60代の移住者が急増しています。

 

「田舎暮らしを始めて新規就農をしたい」

 

そういった声に応じて休耕地を貸し出すことから
はじめられている農家さんもいらっしゃいます。

 

祖先が汗水たらして開墾してきた畑と田んぼです。
草刈りや作付けを毎年行なってくれるだけで、
助かることも多いでしょう。

 

きちんと農作物を作れて畑と田んぼを
管理してくれる方にゆずりたいものです。

 

新規就農者の見極めには時間が必要です。

 

立派な農家として成長できた3年後に
売る話をされてみてはいかがでしょうか。

 

法的には農業用地は農家でないと買えないことになっていますが、
地目を山林にしている場合などは、新規就農者でなくても購入できます。

 

山林に適した農作物でしたら、農家でなくても購入OKです。

 

農業委員会に斡旋してもらう

 

地元の農地に関する情報が集まっているのが農業委員会です。
農地を買ってくれそうな人の情報もうまっています。

 

最近では「全国農地ナビ」という全国農業会議所が運営しているサイトもあります。

 

「全国農地ナビ」に掲載する窓口は農地がある市町村の農業委員会です
。「畑や田んぼを売りたい」と申し込まれてはいかがでしょうか。

 

地元に強い不動産会社に相場を聞いてみる

 

地元しかわからない事情なども、
地域で強い不動産会社ならば知っていることがあります。

 

自家農園をもっている企業とも太いパイプをもっている可能性もございます。

 

最低でも大手1社と地元2つほどの会社に査定してもらってみてはかがでしょうか。

(無料)複数の会社に一括査定できるサイトもありますので、
ご参考にてみてください。
↓↓↓
>>いっきに解決!!一括無料査定はこちら

 

正確な相場がわかります。