固定資産税 基礎知識

 

家を買うときに気おつけておかなければならないのは固定資産税です。

 

 

毎年かならずかかるランニングコスです。

 

「だいたいいくらくらいの金額を払えばいいの?」
「すこしでも節約するためにはどうしたらいいの?」

 

という疑問もあります。

 

家の購入したときや、
親から遺産相続したときにしっかりと把握しておきたいところです。

 

ここでは固定資産税の基礎的な知識を解説しますね。

 

1月1日時点で所有している土地や家にかかる税金です。

 

土地や戸建ての家屋やマンションなどを所有している人にかかる市町村税です。
ただし、東京23区だけは特例として都が課税してます。
年の途中で中古で購入したときも前のオーナーが購入して納税して払っていたも以降、
日割りで支払います。とくに法令でさだめられているのではないですが、
不動産取引では普通に行なわれています。

 

固定資産税評価額は売買金額と異なる

 

市町村が決めたのが固定資産税評価額です。
これに1.4%の標準税率を掛けたものが固定資産税です。
土地に住宅が建っている場合には減税控除があります。
固定資産税は6分の1くらいに少なくなります。
不動産会社などで売買される価格とはことなります。