実家 相続 手放す

実家を相続しても、手放す人も増えてきています。

 

 

自分で住む、という選択をする人は少ないく、
売却の方向に行く人もいます。

 

どんな問題がおこるのでしょうか?

 

家も含めた遺品の整理は結構大変

 

 

空き家はほったらかしだと家が速く傷みます。
さらに、遺品整理や仏壇問題もあります。
なによりも、自分が子供のころ育った家の思い出があり、
実家を相続しても手放しずらい、、という方もいます。

 

売れない不動産は苦しい

 

 

土地の形が特殊だったり、山の中の家だったりすると
売れない家として手放す人もいます。
いくら安くしても売れない土地は、
交通の便も不便ですし、相続したからといっても
相続税が発生してしまいます。

 

理由はローンが残っている実家である、
ということもあるでしょう。

 

個別ケースによりそってくれるアドバイスを

 

遺産処分はケースバイケースです。
事前に準備をしておかないと、
手続きにかかわる時間はかわっていきます。

 

こういったところで、個別によりそってくれて丁寧にアドバイスをくれる
サポートがあるとたいへん大きな違いがでてきます。

 

ビジネスチャンスもある

 

古民家などは地域の活性化として
市町村が再生を保護している地域もあります。