実家 取り壊し

 

「実家を取り壊したい、解体費用はいくらかかるのか」

 

一生に一度あるかないかの解体工事。

 

業者を選ぶもの大変かと思われます。

 

もっともトラブルが発生する工事

 

解体工事は近隣とのトラブルが発生しやすい工事です。
お悩みになられている方も多いのではないでしょうか。

 

チェックポイントは以下の通りです。

 

解体業者の専門業者か、資格はあるのか

 

専門業者でないと全てダメという訳ではありませんが、
専門ならではの安心感もあります。
資格は解体事業登録、建設事業許可のいずれかです。
これらの資格のうち1つは業者に確認しておきましょう。

 

追加費用を請求されないか

 

最初だけ金額を安く見積もり、架空の追加をする悪い会社を見極めましょう。
後からどんどん追加費用、、というのはダメです。
「追加費用がある場合、どのようなものがあるのか」
を確認しておきましょう。

 

整地状態を確認したか、近隣対策は万全か

 

実家を取り壊した後の、整地状態はどうなんかを確認しましょう。
整地とは、解体をした後の土の処理です。
きちんと鎮圧して平らな状態になるのかどうかです。

 

きちんとした会社は、近隣対策は、工事を行なう1週間前に近隣の方にきちんと説明します。

 

ホコリ対策で養生シートもきちんとします。
これらを事前に業者に確認しておきましょう。
別の業者の完成した画像などもみせてもらいましょう。

 

安い金額でもきちんと処理してくれる業者もいます。

 

現地確認の見積もりは必要です

 

できれば、ここのようなサイトここのようなサイトで、
3社以上の解体業者に見積もりを依頼されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

空き家業例ってなに?

 

国の空き家対策として条例が施工されることになりました。
崩れそうな空き家などは、きちんと処理するか取り壊しを行なわないと、
行政代執行が行なわれることもあるそうです。
市町村によっては解体費が最大50万円の補助金がでるところもあります。
ご自分の実家を取り壊す前に、市町村に相談してみられてはいかがでしょうか。