競売 回避

事態は一刻を争います!

競売が開始してしまうと、、
強制的に立ち退きさせられる可能性があります!

 

↓↓一人で悩まずに、ご相談するのが、解決の早道です↓↓

 

 

競売を回避するには主に2つの方法があります。

 

競売が始まってしまうと、
家や店舗、工場がが二束三文で売り飛ばされていいます。
その上、損害遅延金など多額の残債を支払わなければなりません。

 

競売を回避するには2つの方法があります。

 

@残債を一括して支払う人を見つける。(住宅ローンを完済する)
お手持ちの現金がなければ第三者に家を買い取ってもらう

 

A任意売却で家を手放す

 

競売を回避するには、残債を一括して支払ってくれる人を見つけるか、
任意売却で家を手放す方法があります。

 

 

専門家は弁護士だけじゃ不足

 

「競売の推移を見守るだけ」よりも弁護士に入ってもらい、
できるだけ、「適正な価格で債権を減らす方」が賢明です。

 

競売情報はネットで簡単に見れますが、
市場価格の5割〜7割の安い値段で落札されてしまいます。

 

なるべく債務を減らすには任意売却という法的な手段をとって
銀行と交渉するほうが後々の債務が減るのです。

 

競売を回避するには、弁護だけでなく、
不動産の専門家、ローンの専門家のサポートが必要です。

 

「法律」「不動産」「住宅ローン」の専門家が1つに待機している
全国個人再生支援機構合同会社、住宅ローン相談センターなどの機関に相談してみましょう。