自宅 差し押さえ 回避

自宅の差押さえを回避する!

その競売をストップ!競売回避に向けて全力でサポートします!

 

↓全国対応 24時間受付↓

 

 

 

 

競売より高く売れる見込みを探そう!

 

親の借金問題から、離婚による住宅ローンの滞納など
住宅ローンが払えなくなった場合には、自宅の差押さえが始まります。

 

これは「競売」といって、家が売りに出される法的な手段です。

 

競売のよいところは、自分で何にもしないで家が売れるとことです。

 

競売の悪いところは、家が相場よりも5割〜7割程度の価格で売り飛ばされてしまうこと、
家が売れた後も、損害遅延金など多大な借金がうわづみされてしまうことです。

 

弁護士に相談するくらいだったら、
何もしないで自宅を失って、借金が増えてもよい
という方は競売がおすすめです。

 

競売の後に自宅の差押さえが始まります。

 

 

自宅の差押さえを回避する方法

 

競売を回避するには、
債権者(銀行やローン会社)の同意のもとで
間に弁護士や不動産屋にどに入ってもらい交渉すること
自宅の差押さえ を回避できる見込みがあります。

 

これを任意売却といいます。

 

任意売却とは、競売で落札される前にローン会社と交渉して
自分の意思=任意で住宅を売却する手段です。

 

家がより高く売れる可能性があるのが任意売却です。

 

引越しの費用も捻出できる可能性もあり、
新しい賃貸の紹介もしてくれるケースもあります。

 

家を売った後でも、多くの住宅ローンの残りが残ったまま、
一文無しになって自宅の差し押さえられるという最悪の結果を回避する方法です。

 

 

家を買い取ってくれる親戚がいるならベスト

 

このケースも 自宅の差押さえを回避 できます。
家のローンの残りを第三者の身内に一括し手支払ってもらえば、
今の家に住み続けることができます。

 

家は一時的に親戚や親族のものになりますが、
家賃として払い続けて何年か後に、自分で買い取る話をすれば
また、自分の持ち家として老後も住むことができるのです。

 

 

家を買い取ってくれる親戚がいない場合はどうする?

 

法律、不動産、住宅ローンの3つの専門家に相談するのは早道です。

 

自己破産するか、しないか、いずれにせよ、自宅の差押さえを防ぐには
専門家に入ってもらうことが肝になります。

 

弁護士、不動産屋、住宅ローンの問題のコンサルタントの3つが揃っている
専門機関もありますので、1人で悩まないで行動することが大切です。

 

↓全国対応 24時間受付↓

 

 

 

 

法律に関しては難しい専門用語(自己破産、任意売却・・)がたくさんでてきて、
ネットで調べているだけで元気をなくしてしまいがちです。

 

多くの住宅ローン問題の数をこなしてきた専門家とお話することで
道が開けてきます!お1人で悩まないで!