競売 取り下げ

競売の取り下げ は、後で問題にならないように早めの相談を

ローンの滞納。約9ヶ月目くらいから競売通知が届きます。

 

競売通知書が来ても、取り下げはまだ間に合う場合があります。
弁護士だけでなく、不動産、住宅ローンのプロのサポートが不可欠です。

 

24時間対応・秘密厳守

 

 

 

 

以下のような通知がきたら、要注意!

 

↓競売通知書↓ ↓期限利益の損失↓ ↓催告書↓

 

競売を取り下げる には、1人で悩んでいてもできません。
専門家の知識やサポートが必要です。

 

不動産屋だけに相談しても、

 

「(安くてもいいから)売りましょう、売りましょう。」

 

としかいわないとろこもあります。

 

なぜ、早く売らなければならないのか?

 

素人にはまったくわかりません。
安く売ってしまったら、よく考えればわかりますが、残債も増えることになります。

 

 

競売の取り下げ には,、プロの知恵を借りる必要があります。

 

別々に相談するには大変です。
競売取り下げ119番もテレビで放送されましたが、

 

全てまとめて任せられるのが、→住宅ローン相談センターのような専門機関です。

 

各方面に強い専門家がそろっていて、1つの窓口で相談できます。

 

対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になります。

 

 

まだ間に合う!裁判所から競売通知が届いたら・・

 

 

競売通知(担保不動産競売開始決定の通知)とは、
保障会社が債権を現金で回収するために、
法的処置をとり、裁判所がそれを受け入れた後に届く書類です。

 

競売通知がきたからといってすぐに競売が始まるわけではありません。
差押さえまでおおよそ6ヶ月の期間があります。

 

何もしないと、マイホームは他の人の手に渡ってしまい、強制的に撤去されてしまいます。

 

 

競売が始まる前だったらまだ間に合う

 

 

「まだまだ、6ヶ月あるから・・」

 

と気長に構えているとあっという間に自宅が相場の5割くらいで売り飛ばされてしまいます。
その上に多くの残債も残ってしまいます。

 

「できれば家だけは残したい」

 

専門家がまとめてそろっている
住宅ローン相談センターの無料相談に、お気軽に連絡してみましょう。
(相談は無料です。)

 

相談される方は公務員や看護師の方もおおくいます。
(職場にはわからないように対処しましょう。)

 

専門家がそろっている相談機関です。

 

 

24時間対応・秘密厳守

 

 

 

 

住宅ローン相談センターってどんなところ?

 

住宅ローンを払えない方や
競売の取下げをサポートする専門機関です。

 

 

住宅ローンが払えない場合には専門家の力を借りるのが手っ取り早いし、
メンタル的なサポートにもなります。

 

さまざまな個人の住宅ローン問題を解決できる専門家集団です。

 

こんな方へ

ローン会社から督促状や催告書が来た
期限の利益損失の通知が来た
裁判所から競売開始決定通知が来た